サービス

定期巡回・随時対応型訪問介護看護って?

定期巡回・随時対応型訪問介護とは、地域で24時間、ご安心して暮らしていただくためのサービスです。

介護と看護が連携し、定期的な訪問はもちろん、24時間の連絡体制のもと、必要に応じてスタッフが随時ご自宅を訪問します。

平成24年4月に新しく出来た地域密着型サービスであり、地域包括ケアシステムの中核的な役割を担う、重要なサービスとして位置づけられています。
24時間あんしん在宅介護のクローバーでは、
◎現在所属の職員全員が、定期巡回サービスに従事した経験あり
◎すべての常勤職員が介護福祉士資格を所有

しておりますので、安心してご利用いただけます。

対象者

要介護1~要介護5の認定を受けた方が利用可能です。
※要支援認定の方は対象外となります。

内容としては、“介護のみ”と“介護と看護”の2通りです。

サービス内容

計画に基づいて1日複数回の訪問サービスを提供します。

24時間あんしん在宅介護のクローバー合同会社は、訪問介護をメインに、訪問看護に関しては地域の訪問看護事業所と連携をしてサービスを提供する「連携型」です。
次のサービスを適切に組み合わせて提供します。

※①~③のサービスを提供させていただき、④のサービスは、連携先の訪問看護事業所へと引き継ぎます。

① 定期巡回サービス

訪問介護員等が、定期的に利用者の居宅を巡回して、入浴、排せつ、食事等といった日常生活上の世話を行います。

② 随時対応サービス

オペレーターが通報を受け、利用者の状況に応じてサービスの手配を行います。

③ 随時訪問サービス

オペレーターからの要請を受けて、随時、訪問介護員等が利用者の居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等といった日常生活上の世話を行います。

④ 訪問看護サービス

連携先の訪問看護事業所の看護師等が利用者の居宅を訪問して、療養上の世話または診療の補助を行います。

定期巡回利用例

実際にご利用いただいている利用例をご紹介いたします。

【CASE1】高齢者夫婦
要介護の高齢者夫婦だけど、在宅生活がしたい

二人暮らしの高齢者のご夫婦。

妻が夫を介護していたが、腰痛が悪化。施設入居も検討したが、やはり慣れ親しんだ自宅にいたいので、定期巡回サービスの利用により、在宅生活を継続しています。

【CASE2】服薬確認
一人暮らしなので服薬確認を一日数回してほしい

短期記憶障害がある1人暮らしの方。
1日1回の訪問介護では、薬の飲み忘れが多かったが、定期的な訪問により、飲み忘れがなくなりました。薬の変更時も、服用後の変化について、訪問看護師と連携。症状の変化も早期に確認でき、適切な対応に繋がっています。

【CASE3】自立支援
できる限り自立したいので、必要なときだけ助けてほしい

脳梗塞で右片麻痺の後遺症はあるけれど、自分でできることはしたいと意欲がある利用者様。
これまでの訪問サービスでは、時間の制約もあり、ホームヘルパーが全て支援していましたが、できることをヘルパーとともに行っています。

【CASE4】随時対応
定期的に随時対応してほしい

心身の状態の変化がある方、随時の対応が必要な方の利用が多くあります。

随時コールの対応は、事業所の判断で訪問します。日々の変化について、介護支援専門員、訪問看護師に報告、連携を行います。

【CASE5】退院後のケア

病院退院後の自宅での生活を把握するために、定期巡回サービスを利用。
利用者様の心身状態が落ちつき、利用者様の在宅生活が落ち着き次第、訪問介護サービスに切り替えを行います。

【CASE6】ターミナルケア

自宅でのターミナルケアを希望され、退院直後から利用。

主治医、訪問看護師、介護支援専門員と連携し、ケアを行います。

【CASE7】その他
緊急な事が起きた時にかけつけてほしい

1日複数回、短時間ケアにより、様々な利用者様に対応できます。
24時間、オペレーターに電話による連絡することができるため、安心して在宅生活が継続できるサービスなのです。

保険外サービスもOK

24時間あんしん在宅介護のクローバー合同会社では、介護保険外サービスもご対応いたします。

500円(税込)/15分

※定期巡回活動時間外での利用となりますので、ご利用の際は事前にご相談ください。
※定期巡回サービスをご利用していなくても対応可能です。(「介護保険外サービス」ご契約が別途必要となります。)
ぜひご相談ください。

対象者

要支援・要介護認定を受けた方が利用可能です。

サービス内容

病院受診へのご同行、ペットの散歩、庭木の手入れなどなど…介護・看護以外のお手伝いが可能です。